natsukimiのブログ

通りすがりにありがとうございます。

ほっとする所

あとで
f:id:natsukimi:20180401182013j:image
f:id:natsukimi:20180401182032j:image
f:id:natsukimi:20180401182043j:image
f:id:natsukimi:20180401182051j:image
f:id:natsukimi:20180401182100j:image

ここは、阿波座近くにある神社です。


凄く精神的に疲れたタミングで訪れたのをきっかけに、ここ半年は気候の良い週末にウォーキングしながら参拝させてもらってます。


今日、自転車で来ると(神社の裏手に駐輪するのですが)可愛い花が咲いていたので思わずぱちり。


キリスト教の方は日曜の礼拝に行くのでしょうが、私は実家の宗教はお墓があるので何となく割り当てられたような宗派があるだけで、盲信するでもなく、八百万の神々に親近感を持ちながら都合でお願い事をしに行くという、、厚かましいお参り程度の宗教感で今に至ります。


それでも、不意に訪れ始めた神社、ここは気がつけばよく来てます。


信者でもない、信者のような距離感で神主さんがああと思うような氏子でもありません。


それでも最近は、来る度に自分の願い事が少しずつ変わり、安らかなものになっていくような。


御神籤は大抵頂いてくるのですが、共時性の言葉に思える、書かれてる俳句やらが良いです。


人の生き死には早いものですね。


忙しいとき程あえてゆっくりと。


自分をデフラグするような時間を。



日常の理不尽

 気が付けば、年が明けて2月の節分も過ぎているではないですか。

いつも、気が付けば朝で気が付けば夜なので、スマホから更新しようと思いつつ、思いつつ何か月も過ぎてしまいました。仕事で思うことがあって。

 仲が良いのは良いことだが、仕事で仲よしを第一条件にもってくると、日本の悪いそんなこと。村社会のような空気で腐敗してきてやってられない。

 率直な意見交換は出来ないし、おべんちゃらと、腹の底で何考えてんだかわからない私利私欲の為の立ち回りの横行。

 ほんともうなんなんですかね?弱いんだったらリーダー降りなさい。リーダー特権のうまみと上に好かれる人事的なものにぶら下がって、仕切り切れない、窮地に陥ればよししよししてくれる周囲を探すって子供の芸当ですけどって厳しいの?

 また、能力不足を棚に上げて愛想でごまかしたり、そこをつつくと逆切れの村社会の仲間系ボスにそれを愚痴り。

 村系は経済を潰しますよ。

 

オマケ

最近はオマケがメインとしかおもえないものが多い。

ミスドで買った食器四セットはほぼ食器の値段。

かなへいこらぼのクリスマスグッズ。

買っちゃったけど苦笑

f:id:natsukimi:20171122203827j:plain

眠気と勉強

どうやって両立すれば良いのだ。

目一杯働き夕飯食べた後に、資格事の勉強など。

どうやってみんな頑張ってるんだろう。

学生の頃も電池切れるの11時ぐらいだったし。

コーヒー効くの?私、幼稚園生からコーヒー党なんですけど。

そういう今もしなければと思いつつ眠く重ダルくなってきて日記中。

オソネオソオキの方が出世するって研究結果あるんだとか。

ほんとなの

明日から八時ごろ起きるか。

パンかじりだっしゅでまんがみたいになるな。

ダメだ〰

秋の普段着

f:id:natsukimi:20170916164450j:plain厚手のフランネルの紺の洗いざらしたワンピースを買いました。

若い頃は、お出掛け着ばかりに目が止まっていたのに、最近は着心地の良さそうなゆるい服が好きになってしまいました。

衝動買いもしてしまうのに、なぜか紺か白かチェックでずっと迷い無印良品にて暫し佇む。。

カフェで仕切り直して、紺にしました。

同じ素材で何枚か買ってしまいそうになるのをやめて、とりあえず一着。

黒が好きだけど、紺と黒のコーディネートも秋には良いらしい。

ちょっと、その辺お勉強することにしよう。

人間関係 本当に好きな状態

f:id:natsukimi:20170913215143j:plain理解し合える

気の許せる

朗らかな

誠実な

など。

で、

最も必要な大切なことは

心が

自由であること。

自分が一番しっくり来るのがこれみたい。

奔放に渡り歩きたいというのでもなく、

自由は可能性も止めることがない。

これっぽいな

自分がすきな言葉は。

会いたいひとに会うという時間。

f:id:natsukimi:20170911205325j:plain

会いたいひと。

古い友達

恩師

通った場所の懐かしいひとなど。

会いたいと思うのに、時間の調整で流れてまた一年。

そうして随分会っていない会いたい方々がいるし、皆それぞれにそんなひとがいるだろう。

一体どうしてるんだろう。。

こんな風に

仕事をしている人たちは、定年になるまで中々会えないものなのだろうか。

心を許せるようなひとが、時折日々の浮き沈みの支えとなって下さるというのに、、

薄情なほどに会えずにいる。

ありがとうと訪ねゆく時間すら矢のように過ぎて、
ひたすら心がいたむ。

優しく支えてくださった誠実な方々

私は元気です。。

なんて

こんなとこで言ってみる。